スポンサーリンク

安倍晋三総理の顔色が悪い・痩せたと心配の声が!潰瘍性大腸炎がヤバい!

政治
スポンサーリンク

2020年8月28日、安倍晋三総理が辞任を発表しました。

安倍首相は、持病の難病が悪化し職務の継続が困難になってしまったようです。

阿部さんの持病は国が指定する難病の「潰瘍性大腸炎」です。

会見では「顔色が悪い」「痩せた」と心配の声も多く寄せられています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

安倍晋三総理の顔色が悪い?過去と比較してみた!

ここ最近の安倍晋三総理の顔色が悪いなと感じている方も多いのではないでしょうか?

実際に、過去の安倍総理の写真と比較してみました。

安倍晋三総理

2006年の安倍晋三総理大臣です。

今と比べると、お若く顔色も良いように見えますね!

安倍晋三総理

1回目の内閣総理大臣の任期満了にあたる2010年の安倍総理です。

この時点でも、まだ顔色は良いですね。

安倍晋三総理

2回めの内閣総理大臣就任となった2017年の安倍総理です。

昔と比べると、少し顔にシワが増えて老けた印象を受けますが、顔色はそこまで悪そうには見えませんね。

安倍晋三総理

2018年の安倍総理です。

少し顔の血色が悪く、疲れているようにも見えますね。

安倍晋三総理

2019年の安倍総理です。

笑顔で写っていらっしゃいますが、顔が少し黒っぽく顔色が悪いようにも見えます。

安倍晋三総理

2020年の安倍総理です。

マスクをしているので、あまり顔色等はわかりませんが、あきらかに顔が黒っぽいなと感じますね。

安倍総理の持病である潰瘍性大腸炎は、出血もあるため貧血を起こしていたのかもしれませんね。

こうして、過去の画像と比較してみても、最近の安倍総理は顔色が悪いことがうかがえますね。

安倍晋三総理の顔色が悪い・痩せたとSNSで心配の声が!

以前から安倍総理は顔色が悪いな、と思っていた方は多くいらっしゃったのですね。

会見でも、「顔色が悪い」「痩せた」という意見も多くよせられていました。

総理大臣といういこで、計り知れないストレスもあったのではないでしょうか?

大腸がんへのリスクもある安倍総理の持病が心配ですね。

安倍総理の顔色や体調が早く良くなることを願っています。

安倍晋三総理の持病は「潰瘍性大腸炎」だった!

安倍晋三総理の持病は国が指定する難病「潰瘍性大腸炎」です。

潰瘍性大腸炎になってしまう原因は不明で、一度かかってしまうと生涯付き合っていかなければならない病気です。

潰瘍性大腸炎は、大腸に原因不明の潰瘍(キズ)が出来てしまうため出血、下痢などの症状がでる病気です。

また、大腸が炎症を起こしてしまうので、常に高熱が続いているのと同じような状態で、常に体力を奪われながら生活をしなければならない病気です。

安倍総理は17歳の時にはじめて症状がでたそうです。

17歳のときからずっと持病の「潰瘍性大腸炎」と付き合ってきたのですね。

1度炎症をおこしてしまうと、激しい腹痛と下痢、出血などに加え体力の消耗も激しく、重症化すると入院する必要があります。

この「潰瘍性大腸炎」は、原因がわからないので阿部総理も持病との付き合い方に非常に苦しんだようです。

最近、顔色が悪かったのも納得ですよね。

これからはゆっくり休んで、あまり無理をされない生活を送れるといいですね。

まとめ

今回は、安倍晋三総理の持病についてまとめてみました。

安倍総理の「顔色が悪い」「痩せた」というようなSNSでの声もご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

本当にお疲れさまでした。

今後はゆっくり休めると良いですね。

最後までご覧下さり、ありがとうございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
政治
henachococoをフォローする
へなちょこ日和
タイトルとURLをコピーしました