スポンサーリンク

森喜朗は引退する気なし?!謝罪会見も反省の色なく「日本の恥」と批判殺到!

芸能人・有名人
スポンサーリンク

2021年2月4日に東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が、性差別的な発言についての謝罪会見を行いました。

しかし、森喜朗会長には引退や辞任の意思はないとのこと。

謝罪会見もまったく謝罪の色がみえず、「日本の恥」と批判が殺到!

さっそく、SNSでみんなの反応をまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

森喜朗は引退する気なし?!

2021年2月4日に、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が都内で緊急会見を開きました。

森喜朗会長は、2021年2月3日に都内で開かれた日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会へ出席。

森喜朗会長は評議員会で

「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」

などと性差別的な発言をしました。

この発言に対し、複数の海外メディアでも

「女性をおとしめるもの」
「性差別的」

などと厳しい批判が上がっていました。

そのため、森喜朗会長が緊急会見を開きました。

組織委員会の会長職を辞任する考えについて聞かれると

「7年間やってきて私から辞めるということはありません。
老害や粗大ゴミになったと思ったなら、掃いてもらえばいいんじゃないですか?」

と辞任する意思はないと発表。

森喜朗会長の辞任を求める声が高まっていますが、本人に辞める気はないようです。

森喜朗は謝罪会見も反省の色なく「日本の恥」と批判殺到!

森喜朗会長が行った謝罪会見では、反省の色が見えず「日本の恥」と批判が殺到。

森喜朗会長は謝罪会見で下記のように語っています。

「私の3日の発言はオリンピックの精神に反するる不適切な表現であったと、深く反省しております。
発言しましたことに関しては撤回したい。
不愉快な思いをした方にはおわびしたい」

しかし、実際は反省の色はみられず、「日本の恥」と思う人が多く見られました。

森喜朗の引退にたいするみんなの反応は?

まとめ

今回は、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が引退する気がなく、謝罪会見でも反省の色がなかったことについてまとめてみました。

日本の恥と森喜朗会長の引退を願う人が多くみられましたね。

最後までご覧下さりありがとうございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
芸能人・有名人
henachococoをフォローする
へなちょこ日和
タイトルとURLをコピーしました