スポンサーリンク

野田洋次郎がTwitterで「優生思想」丸出し?!「冗談」発言で炎上!

芸能人・有名人
スポンサーリンク

人気ロックバンドRADWIMPSの「野田洋次郎」さんが、Twitterでツイートした内容が「優生思想」ではないかと話題になっています。

そもそも、「優生思想」とはどのような考え方のことなのでしょうか?

また、「野田洋次郎」さんが追加でツイートした冗談発言で、さらに炎上することに…

なぜこのツイートの内容が、話題になるほど問題視されているのでしょうか?

今回は、「野田洋次郎」さんのツイート内容や、問題となった経緯もあわせてご紹介させていただきますね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

野田洋次郎のTwitterが炎上した「優生思想」とは?

野田洋次郎

そもそも、野田洋次郎さんがTwitterで炎上した「優生思想」とはどのような考え方のことなのでしょうか?

一般的に、「優生思想」とは身体的・精神的に優れた能力を有する者の遺伝子を保護しようという考え方のことを言います。

また、逆に身体的・精神的な能力が劣っている者の遺伝子は排除し、優秀な人類を後世に遺そうという思想のこと指します。

「優生思想」は、生物の能力の優劣は遺伝によって決定される部分が大きいのではないか?という観点の基、研究された「優生学」の成果が元となっている考え方です。

この、遺伝による能力の優劣の研究によって、人種差別や障害者差別を理論的に正当化することになったといわれています。

少し難しい問題のように感じますね…

野田洋次郎のTwitterが「優生思想」で炎上した経緯とは?

今回、RADWIMPSの「野田洋次郎」さんがTwitterでツイートした内容が炎上した経緯を、時系列順に解説してまいります。

<野田洋次郎さん炎上の経緯>

2020年7月16日
自身のTwitterにツイートを投稿

前も話したかもだけど大谷翔平選手や藤井聡太棋士や芦田愛菜さんみたいなお化け遺伝子を持つ人たちの配偶者はもう国家プロジェクトとして国が専門家を集めて選定するべきなんじゃないかと思ってる。お父さんはそう思ってる。#個人の見解です

出典:野田洋次郎さん公式Twitter

その後、同じ日に自身のTwitterにツイートした内容は、あくまでも冗談であるというような投稿を続けます。

めちゃめちゃ真面目に返信してくださる人いますが冗談で言っています、あしからず。

出典:野田洋次郎さん公式Twitter

この時点では、特に問題視はされていませんでした。

しかし、これが25日前後に時間差で大炎上してしまいます。

野田洋次郎が「優生思想」とTwitterで炎上したのはなぜ?「冗談発言」に批判殺到!

野田洋次郎さんのTwitterでのツイート内容が、「優生思想」と炎上してしまったのはなぜなのでしょう?

そもそも、野田洋次郎さんは2020年7月16日に問題となったツイートを投稿しています。

それが、なぜ時間差で25日前後に炎上を起こしたのでしょうか?

簡潔に言うと、タイミングが最悪だったからです。

野田洋次郎さんが、問題となるツイートを投稿してから、医師2名が難病患者の女性の依頼を受け、薬物を投与して殺害(安楽死)したとする事件が起きました。

この時、逮捕された医師が『優生思想』の持ち主だったと話題になり、Twitterを中心に議論が盛んになっていました。

また、政治の世界では『命の選別』発言が問題になります。

そして、7月26日には相模原市の障害者施設で起きた殺傷事件から丸4年を迎えます。

こうした事柄が重なり、まさに最悪のタイミングでツイートを投稿してしまったために、時間差で非難が殺到したのではないでしょうか?

優性思想にもつながる恐ろしい考え

 

この考え方は、差別的だ

 

優れた遺伝子を残すという考え方は、劣った遺伝子を消すという考えと表裏一体

 

彼らの努力を軽視した非常に失礼なのももちろん、婚姻の自由の侵害でもある

 

といった批判のコメントが殺到してしました。

また、自身のツイート内容に対して「冗談」で済ませていることに対しても炎上。

フォロワーが100万人を超える有名人であり、単なる「冗談」で済ますのではなく、謝罪撤回すべき

といった非難も殺到しました。

野田洋次郎さんは、決して悪気があってこのような投稿したわけではないのでしょう。

しかし、『遺伝子の選別』を意味するような発言は、冗談でもするべきではなかったですね。

まとめ

今回は、野田洋次郎さんがTwitterで「優生思想」的な内容のツイートを投稿し、炎上した経緯や理由をご紹介させていただきました。

Twitterは思いのままにツイートできるのが、良いところでもありますが、今回のように軽率であると批判される要因になってしまうこともあるので、気をつけたいですね。

自分の言葉で、誰かが傷つくかもしれないということを忘れないようにしたいですね。

最後までご覧下さりありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
芸能人・有名人
henachococoをフォローする
へなちょこ日和
タイトルとURLをコピーしました